2009年02月12日

雪蟷螂(紅玉いづき/電撃文庫)

そんなものいらない。
なにもいらない。
「……−−−−」
あなたを喰べたい。


紅玉いづき最新刊です。
人喰い物語最終譚、ということになっていますが、「ミミズクと夜の王」「MAMA」ほどの衝撃は受けなくて、少々肩透かし気味だったりします。読む前から期待し過ぎたかしら。

アルテシア、ルイ、ロージアの3人のうち、誰の想いを一番描きたかったのかが最後までハッキリしなかったのが一因かなぁ、と思っていますが、どうせ3人分描くならもっと掘り下げて欲しかったとも思いますし。ううむ。なお、引用部分は意図的に伏せてありますが、雪蟷螂(かまきり)らしいフレーズと言えばココかな、と。

「春は、美しいですか」

もキレイで好きなんですけどね。



posted by とり at 20:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年11月16日 17:37
トラックバックありがとうございます。
トラックバック送信しました。
Posted by とり at 2010年11月16日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

雪蟷螂 紅玉いづき
Excerpt: 涙も凍る冬の山脈に女が起つ。この婚礼に永遠の祝福を―。長きにわたって氷血戦争を続けていたフェルビエ族とミルデ族。その戦に終止符を打つため、ひとつの約束がなされた。それは、想い人を喰らう“雪蟷螂”と....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-11-16 17:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。